2014/05/10

コーチングセミナーに行きました

 
私の習うピアノ先生が青木理恵先生のコーチングセミナーを開いてくださいました。
久々に一人で外出しました。
帰り道、ふらり寄った本屋さんで子供に絵本をおみやげに購入しました。
子どもたちがおみやげの絵本をとても喜んでくれて
私も嬉しくなった一日です。

コーチングの専門家:青木先生のHP → http://rie-aoki.com/

初めてコーチングと言うものを聞きました。
すごいなぁと。
色々な学びがありました。

生活全般、仕事・生活・趣味などなど...
全てに生きる考え方でした。
青木先生は、とても素晴らしい方でした。


自分のゴール地点は何か。
そこに到達するには?

コーチングは色々な問いかけによって達成する道筋をつけていく。
具体的な方法でした。

節約で言うなら…
マイホームを建てる。
子供の進学資金を貯める。
ローン完済などなど…

どう節約できるか、どこまでできるのか。
それを自分で考え、自分ができる範囲で実践ししてく
実践的、具体的にしていくのだと。

大きな学びがありました。

-------------------------------------------------


私が節約を開始したとき
グランドピアノを弾きたい。
そう思いました。
そしてマイホーム取得に前進していきました。

ピアノを弾けそうな立地などなど…
資金、頭金を貯めること。
節約をあちらこちらの方向からトライ。

念願のマイホームが建ちいざグランドピアノがいざ家にきたら...
小学校低学年でバイエル程度でピアノをストップした私。

奮起して、ピアノを再復帰。
約30年のブランクは痛かった...痛すぎた。
音楽からブランクがありすぎて...音符すら読めない自分...(苦笑)
ブルグミュラーを終え、ソナチネまで3年...
昨年、弾くのが夢だった『乙女の祈り』を発表会で人前で弾いた。
さらに磨きをかけ『乙女の祈り』を今年3月中旬に試験で弾いた。
高評価をいただき自分も感動しました。
今日は、そんなピアノつながりで素晴らしい出会いがありました。

帰宅中に道祖神をみつけ、ちょっと休憩。
ま、ぼちぼち。

--------------------

きっと節約していなかったら、あれも...これも叶っていなかったなぁ。
そんなことがたくさんありました。

もしかしたら超不妊体質の私に子ども2人授かったのも
節約の神様の恩恵かもしれないと思うことがよくあります。
高額な不妊治療にふみきっていたら、2人の子ども出産は無理だった。
節約家庭だったからこそ、自然妊娠で授かった要素が大きいかもしれない。

新婚時代...節約は慣れなくてつらかった。
でも、節約ルーチンに入ってしまえばとても楽しくつらくないのですよ。

今も節約家庭なのだけれど、どうも世間様からリッチに見えるらしい。
年ごとにそのギャップが広がっていき...うーん。

なぜそんなにリッチ思われるのかしら。
そんなギャップがチョット疑問なのだけれど

そのギャップ 楽しからずや 節約マニア 
(ふくちゃん心の俳句)

節約、楽しく頑張っていきませう♪