2015/04/25

スイミングでぜんそく治る



ぜんそく持ちの娘たち。
スイミングに通いだして4年目。
ぜんそく症状がでなくなり、2年前からすべての薬がなくなりました。
二女に至ってはぜんそくで入院したこともありました。
ぜんそく症状はでなくなりましたが、成長期に心肺機能を鍛えたいと、。
娘たちが自身から習いたいと強く希望したので、連れていくのは楽です。
しかし、時間拘束が少々きついなぁと思うのです。

今日は、進級試験でした。
現在、試験終了しスクール生はプチフリー遊泳を楽しんでいます。
ちょっとスイミングスクールから駐車に向かい、車で10分ほど休憩中です。

ブログに画像がないのもさみしいので、休憩中の私が眺めている風景を写メ(^^;
そうなんです...このブログ、ほとんど携帯から更新しています..、。

スイミングは、送迎&待ち時間が大変です…(苦笑)
娘の通うスクールは、送迎バスなし、送迎親のみ。

私は幼少の時に、母親のとても強い意思でスイミングを7年習いました。
小4から選手育成コースになり、試合に出るようになりました。
あまり芳しい成績は出ませんでしたが、 数枚の賞状は嬉しい思い出です(^^)

実は私、水泳が大嫌い。
今は好きかな~(笑)
泳げるようになりタイムを計りだしてから面白くなりました。



今でこそ私はスイミングを習わせてくれた母に大感謝していますが、母親はプール嫌いの娘に超大苦戦でした(苦笑)
習いだした4歳の頃は水が怖く、プールサイドでギャン泣き(苦笑)
家の出発からして大変ったらありゃしない。
朝からプールが嫌だと泣き、移動のバス・電車でも泣いて歩かないでいる。
1歳の弟を背負い、母は必死の閻魔顔だった記憶は焼きついています。
レッスン時間、すべてプールサイド泣いて終わったことも数知れず。
顔の水つけ練習も家で洗面器を使いスゴい必死な勢いで娘にやらせました(苦笑)
正直、虐待な勢いかもしれません...。

今は、スイムを鍛えてくれた親に感謝をしています。
よくまぁ、あのぎゃん泣き娘をスイミングに連れて行ったものだと...。
ぶ厚い窓ガラスを挟んでいても、ギャラリーにまでも、かすかに聞こえる泣き声、。
母が泣きたかったらしいです。

私自身が子育て中の今、、母のど踏ん張りに感動をも覚えます。
超水泳嫌いをよくまぁ...選手育成コースに導くまで頑張ったものだと。
母親の、ど根性。敬服します。

子ども2人のスイミング月謝は安くないのですが、薬なしのぜんそく治療と思えば、やりくりを頑張って月謝を捻出くらい何とでもないような気もします。

最近、バタフライ肩こり回復効果に威力を感じます。
バタフライの肩関節運動はすごい!
嘘?!と自分で思うのですが、バタフライは腰痛も緩和されます。
4泳法を織り交ぜ30分ほど1kmばかりゆったりとしたペースで泳ぐと、整骨整体院に5回くらい通ったような回復効果です。
市民プール、1回600円でよくまぁこれだけ効果あるもんだと。
整骨整体院の1割くらいの価格で、肩こり・腰痛がものすごく緩和。
月5,000を目安に調整して、週1~2回のペースで通っています(^^)
体力維持が節約には大事。
医療費削減効果がものごっつうあるんです♪
スイミングに思い切って再起してから、病院&整体院通いは卒業し、シップいらず、電気治療いらず、薬いらずの体になりました(^^)

もし母親が幼少時に鍛えていなかったら....今の私は整形通いだったでしょう。
母自身が足腰が弱く、40代で杖をつきだしました。
私は、母親と似たような体質の娘だったので、スイミングで鍛え、将来泳いで鍛えれるように、自分の二の舞にならないようと、私をスイミングをさせてくださいました。
母は体弱く52歳で他界しました。
もしスイミングをしていなかったら、私も似たような道をたどっているような...

もし体の弱いなぁと言うお子さまをお持ちでしたら、ぜひ、スイミングをオススメします♪