2015/05/13

書道教本に娘の字が掲載♪

書道教室が使用する教本に、小3娘の字が掲載されました(^^)
硬筆の部で掲載され、とてもうれしかったです。
掲載された字の横に書いてある認定級を見ると二段。
ほぉ…。やるなぁと…。母、驚き。

好きでやっているし頑張っているし…と思いながらも
いまどき字をきれいに書いてもパソコンだしなぁと…
いやいや、パソコンの時代だからこそ字がきれいな方が…
と思いながら、月3,000円の先生への謝礼も1年で換算すると36,000円
小1~小6の合計額216,000円…
うーん。....繰り上げ返済に回したいなぁ。毎月葛藤を繰り返す母(苦笑)
もう辞めさせようかなぁ?!と思ったら何らかの賞を取ってくる娘。
うーん…もう少し?習字…なくてもいいよね?! ね?…
とだましだまし習わせていたのですが…
本に掲載。
主人曰く
「こりゃ、またうれしいねぇ。もう辞めさせられないねぇ。」
ふぃ…。

成績が悪かったら塾にシフトするつもりだから、習い事なし!
と釘をさしていたら…勉強も本当によく頑張ります。
親目線では、そこそこの高成績だとほくそ微笑みますが
世間で見ると、ごくごく一般的な範疇なのだろうなぁ。


節約生活をしだしてから、データを残し考えるのが大事だなぁと思い
色々分析癖がついた延長で、娘のプリントも気が付いたらファイリングしだしていた。
子どもが満点花丸の答案だとファイルする母親はなお嬉しい♪
学年便りまでファイルしだし、これは趣味だなぁと...半ば自分で呆れなながら
ルーチンになっているので、気が付いたらファイルし終わっている。
無意識のうちに即ファイル。
どうも家族の”便利ちゃん”になっている感は否めない、。

車を売って1台に減らし主人は自転車通勤、スマホからガラケーに戻し...。
電化製品は買い替えず、部品交換でいけるものは部品交換でしのぎ…
カードのポイントをため、欲しい電化製品はなるたけポイントで買う。
しかし、裏方作業の節約生活もなかなかシビアで大変。
...相変わらずのやりくり必死生活ですなぁ。

そんなやりくり生活の中、習字の教本に娘の字が掲載されるだけで...
節約のやりがいもあるものだなぁ~♪
これが親バカというやつなのだろうなぁ...。
一生に一度あるかないかのことかもしれない。
この教本は大事にしておこう♪