2012/05/21

金環日食

これだけ規模の大きい金環日食は
平安時代以来932年ぶりの大イベントらしい。
....感動しました!


金環日食、最大近く。
最大は見入って写真を撮らず(笑)

 食い入る娘(笑)

後ろの雑誌は、表紙でピンホールを作れるようになっていました。
雑誌カバーを立てピンホールを作成し、黒画用紙に投影させて観察を楽しみました。





日食が進むとだんだん暗くなっていまいちキレイに見えないピンホール画像


日食開始時のピンホール
部屋の中で試し撮り


金環日食がキレイに見えました。
本当にキレイなリングが見えました。
我が家はベランダで観測しました。

日食が終わると、バタバタと車のエンジン音がこだました町内でした。
日食を見てから出勤が多かったみたいです。

主人も日食が終わってから出勤しました。
いつもより1時間遅れで出勤しました。
フレックスタイムの会社なので、ありがたいことでした。
同僚さんには、日食休暇を取った方もいたとか(笑)

日食の最大では、夕方みたいになりうす暗く。
結構欠けても外は明るいので、太陽のパワーはスゴイとも感動。

食の最大のリングは肉眼で見ていて写真を撮らず(笑)
ま、雑誌や新聞・テレビで素晴らしい映像が沢山出るでしょう(笑)

食の最大の終盤にはベイリー・ビーズも見え感動しました~!

日食メガネで太陽を見る他に
ピンホールを作って楽しみました♪
ずっと太陽を見ていると眼がバカになるので、ピンホールもよかったです。
いつもと違う影で、家族で影絵を作って遊んでみたり(笑)
ピンホールは食の最大になると、太陽の光が暗くなりキレイに見えず...
なるほどなぁと。


パート先で日食メガネの販売が3月中旬~4月当初はいまいち...
担当の方が困っており、夫婦と娘の分で3つ購入。
しかし、その後のマスコミその他の影響で売れ行きが著しく即完売。
爆発的に売れ出してから、2・3日くらいで完売した感じかな?

お隣さんが購入できなかったみたく...
1個プレゼントしたら喜んでいただけました。(^^)

スーパーで販売していた日食メガネより
日食特別特集の本(藤井旭の日食観測ガイド・誠文堂新光社・950円)
におまけでついていた
日食メガネのほうが格段によく見えました。
餅は餅屋だな~と感心しきりでした。

日食を楽しむのに要した費用が
メガネ×3(198×3=594円)
雑誌 950円
合計:1,544円
# 家族で食べるマクドナルド1回分より安い♪

雑誌で色々と説明を読み、ピンホールを作成してみたり(笑)
リーズナブルでとても楽しい大イベントでした。

5歳の娘は
『太陽が細くなった~! 大丈夫?
とかわいいコメントでした(^^)