2016/12/01

唐揚げしながら、徒然に…

今日も子どもの泣きの練習に付き合い、バタバタご飯作り、、私は食べ損ねて仕事に行きまして、仕事から帰宅。
台所を片付けしていたら冷蔵庫に期限ギリギリの鶏モモ肉発見(°▽°)
出し惜しみしていた物で、使うつもりで冷凍していなかった(苦笑)やっちまった…(T_T)
今から冷凍するにはちょっとキツイ。解凍中に賞味期限アウト肉な感じがする(苦笑)匂いからして腐りかけの旨い肉。今が旬。今しかない。今だ‼︎よーし‼︎明日の朝食用に唐揚げ作製。
…と言うことで、下ごしらえを簡単にして、揚げながらこの文章を書いています(^^)
世の中のピアノやバイオリン習う子どものお母さんは、、子ども練習の泣きや愚にもつかない音に耐えているのかな⁈
調律していれば音痴なピアノはいないけれど、バイオリンはよく音痴になる…。しかし、ピアノ打鍵が命、またバイオリンと違う種類の難しさ。ピアノもバイオリンも難しい。私はりんごとバナナを比べるような感じで、どっちがどっちと比べられない。
私は子どもと習い出し両方とも子どもと発表会に出るのだけれど…実はピアノの方が数倍緊張します。バイオリンは伴奏ピアノが助けてくれるのが、大きいのです。
バイオリンは楽譜を見てもいい雰囲気があるけれど、ピアノは基本暗譜。いや、ピアノも暗譜しなくてもいい。しかし、最初出た7年前…私は楽譜を立ててピアノ発表会出たら…緊張で頭が真っ白になり楽譜が歪むような緊張状態になり、どこを弾いているか迷子…解らなくなり止まってしまった。心臓バクバク。地震がきたようなフラフラ感、地球が歪んだかと思いました(苦笑)もうそれ以来暗譜必須です。
子どもの楽器習い事はいつまで続くのかなぁ?小6で辞め、娘の音が聞けなくなるのはとても寂しい。しかし、泣いて練習されるのもしんどい…。
気合ママが多いのもすっごく解る。多分私もその一味なんだろうなぁ(苦笑)

娘から、お母さんの方が下手になったなぁ。でも年の割に頑張ってると思うわ。ドレス着て子どもと一緒に発表会にお母さんは出てないし(笑)子どもと発表会に出てもワンピースやし、昔かなり弾いてた人やし。
…(°▽°)
あんたが小さい時に、お母さんもドレス着てよ〜‼︎と言ったんや。買ったからには10回は着ないと元が取れないから着てるんよっ(苦笑)
別に元は取らなくていいんやけど、発表会の度に、着てよ〜‼︎と泣く勢いで頼むんは誰じゃ。
おデブの私が着たらママデラックス…。(T_T)
娘たちは…母だけ辞める。もう疲れちゃった…。と言うと、泣いて止めるではないか(苦笑)あんな騒音で泣かれ、泣きすぎて吐いたりして…辞めることが面倒にしたのはあなたたち…。
だから娘よりちょっとでも長く続けてから辞めることにした。しかし考えたら、次女が小6まであと6年ちょい…。がんばろ。
しかし…次女に小6まで続けてもらうと決めてるのもおかしな話だなぁ。

あ、唐揚げできた(o^^o)