2012/03/20

母も努力...

二女が魔の2歳児・terrible two(テリブル2)
と言われる年齢になりました。
海外でも、テリブル2なんて言う言葉があるのだから
反抗期は万国共通だと思いながら(^^;

二女は4月で2歳になります。
。怪獣ですOTL
人語を充分に話せない。はたまた厄介な事限りなし(苦笑)

二女は、事あるごとに
『イヤ イヤ イヤ』の連発です(^^;

彼女のイヤは口癖だと思って対応しているような(^^;

『そっかイヤなんだよねぇ~。じゃっ、ご飯たべる?』

適当に肯定をしてあげると、素直に行動するから不思議です。


甘えたいし、自分がやりたい。
”色々したい事があるけれど、できない自分“

長女も“イヤ イヤ”はすごかった
『大人になったら、嫌でも“はい”と言わなければいけないから
今の内に、たんと“イヤ”を言っておきな~。』

と娘に言いながら長女の世話をしたような記憶があります(^^;

もうすぐ2歳の1歳の二女とは対照的に
5歳の姉は、かなりしっかりしてきました。
しかし、長女も
私なりに“努力の子”“忍耐の子”でもありました(苦笑)
ニッチ(niche:隙間w)もサッチ(察知w)もいかず
幼稚園の先生にアドバイスを乞い
『早くしなさい!』
の代替え呪文として “具体的な指示をする”ことにしました。
『着替えなさい(怒)!』ではなく....

『パジャマを脱いでね。』
『トレーナーを着てね。』

面倒だけれど、一個一個のコマンド言うようにしました。
怪獣に呪文(指示)が効くようになるまでは、長い道のりです(苦笑)
なかなか私も有能な魔法使いになるのに、修行が要ります。
いや魔物使いか…OTL

気長に同じ口調で淡々と何度も何度も言うのは大変
しかし、娘自身が手慣れてくると
『お着替えをしてね~。』
で終了するように。

“ぐにゃぐにゃしてすぐに機嫌が悪くなる。”
幼稚園の先生に相談すると、体力不足で集中力が持たないのかも?
と言うので、幼稚園は行き帰りとも徒歩通園にしました。
…OTL
母も努力です
徒歩通園を頑張っています。

徒歩通園の成果も少し出てきました。
ぐにゃぐにゃすることが格段に減り、きりっと姿勢がよくなりました。
体力がつき、走るのも速くなりました(^^)
しかし母も努力ですなぁ(苦笑)

長女、二女とも
勉強ができなくても、運動ができなくても
何かしたい事を見つけ、一生懸命取り組み、幸せを感じて欲しい。

母は、願います。