2012/04/12

ちと...寂しい銀行通帳になちゃった。


今回は銀行から粗品に“レンジスチーマー”を戴きました♪
“買おうかなぁ、欲しいなぁ”と思っていた商品だったので
粗品を家に帰宅してから...
銀行から戴いた大きめの封筒を開け歓喜しました(^^)

今日は幼稚園入園式。
入園式のため、お迎えが早め...。
9:00に幼稚園に送って行き、10:30お迎え。
移動時間を考えると、家に滞在時間は約1時間。
と言う事で
幼稚園の帰りに銀行に行き定期貯金をしてきました♪

私は、小さい時からかなりの貯金好きです(笑)
小学校2年生の時、郵便局で自分の通帳を作りました。
母に家で使っていない印鑑をもらい、一人で行きました。
かなりドキドキした記憶があります。
100円と50円、10円でも貯金しに行きました。
印字されるのが嬉しくて(笑)

窓口のお姉様は、小学生の小さなお金をバカにせず
丁寧に10円でも取り扱いをしてくれました。
小さな単位でも集めれば100円、1,000円単位に。
それを集めれば1万円になります。
5万円貯まると定期を勧められました。
小学生だけれど定期貯金を体験。
しかしいつもの普通預金通帳が空っぽ(T_T)

郵便局のお姉さんから
『定期預金はお金がなくなったのではないんだよ~』
と説明を聞き...また貯める私でした。
お年玉・月のこずかい(学年×100円)の残り。
臨時収入のプチお駄賃などなど
事あるごとに貯金していました。
小学生ながら...こずかい帳をつけていました(^皿^)

小学6年生の卒業が近づいた時期に...
『小学校でこれだけ貯まったんだ♪記念に何を買おうかな~♪』
嬉しそうに通帳を親に見せたら

『みんな小学校卒業記念に
自分で中学校の制服や自転車を買うんだよ~』
と母は満面の笑みで言います。

『そうなんだ~』
と鵜呑みにした小学生の私...。
自分で、ちまちま10円、100円と...
貯めたお金で、自転車と制服を買いました...OTL

友達から...
たいてい...親や祖父母がお金を出す事実を知り...。
( ̄□ ̄;;ガーン  
...かなりショックを受けました。

親に抗議しましたが
『ほんま助かった~!ありがとう!』
と母ちゃんに言われ
“喜んでくれるなら...まっいいか。”
と素直に諦めた私はいい子かな?!(笑)
…しかし...
小さなお金が大きくなると体感した小学生時代(笑)


ま...相変わらず貯金好きの私。
今日も、いつものように普通預金から定期預金に移動。

『いつか100万円単位でかっこよく定期にしてみたいなぁ。』
と書類を書きながらつぶやいたら
銀行のテラーのお姉様が
『こまめにするのが一番貯まりますよ~(^^)』
『頑張ってますね~(^^)』

と褒めて下さいました。
褒められると嬉しい(笑)

あと
粗品つられ定期貯金にしてしまう(笑)


しかし...定期にすると...
普通口座預金残高がガツンと減る(T_T)
この瞬間がちと寂しい...。