2014/02/14

空からの手紙

北海道大学で雪の研究をしていた学者だまの先生さまが
『雪は空からの手紙』と書き…
雪の状態で気象のことや、核となるチリで結晶が違うという話を中学のときに読みました。

今日はボタン雪です。
春が近いですねぇ♪

物理学者さまが書く文章は美しく端的だと、よく感じます。

昔、中学のときラジオを聞きながら天気図を必死に書いて、月の満月を照らし、天体望遠鏡で宇宙を眺めました。

あの星は、清少納言が生きていたときに輝いた星かなぁ?とか
父が大奮発して買って下さった反射望遠鏡をロケーションに合わせ、カイロを巻いたり、タオルでくるんだり…
昼間から天体望遠鏡を外に出し入れし温度合わせや色々…

雪を見ると、絶好のロケーション日が近く、最高に美しい冬の夜空。
朝方にがんばり夏のさそり座近くに現す木星、明けの明星の金星を狙った事を思いだし…

雪を見ると、今でもうきうきします。

台風の日に、台風の目が近くに近づいたら家の前に出て、ごーーーっと音だけで雨が降っていないと観察して、星のロケーションを考える…

気象予報の資格取得は断念しましたが、気象予報の勉強はBOOK・OFFの古本を読みあさりました。

雪を見ると、懐かしくなります(*^^*)

今日はバレンタインデーですね。
我が家は、チョコレートの叩き売りがはじまったら
超豪華バレンタインデーを、チョコレート大好き夫に大人買いです( *・ω・)ノ